ペニス増大サプリ人気ランキング!

人気サプリランキング!

リゼノール100E
ペニス増大サプリ 世界で900万人が絶賛するほどの増大効果!
日本人向けに成分を調合しなおした結果、最短3日で増大効果を実感!
満足度92%、リピート率は脅威の84%!
只今キャンペーン中!まとめ買いでさらにお得に!

詳細はこちら

価格 容量 評価
12,800円 (まとめ買いでさらに安く) 1箱30日分 ペニス増大サプリ
ゼファルリン
ペニス増大サプリ

究極の組み合わせがついに完成!
厳しい安全基準をクリアした日本国内工場にて製造しております。
また、厳選された 天然成分を使用しておりますので身体に安心安全です。
全ての日本人男性にお使い頂きたい優良サプリです。

詳細はこちら

価格 容量 評価
13,800円 1箱30日分 ペニス増大サプリ
ギャラクシー100
ペニス増大サプリ

全国で増大成功者が続出!
増大サプリ界で価格革命を巻き起こしております!
噂の「ギャラクシー100」で最短1週間で+5p!?飲むだけでペニスがグングン成長・増大!?
年齢に関係なく短小ペニスを撃退!?
圧倒的コストパフォーマンスで人気急上昇!

詳細はこちら

価格 容量 評価
5,980円 1箱90日分 ペニス増大サプリ


ペニス増大にはシトルリン

ペニス増大サプリ

ペニス増大が期待される、唯一のサプリメントがシトルリンです。
シトルリンは、欧米では古くから勢力増強、疲労回復剤として利用されてきました。
日本では医薬品として登録されていたので、一般で簡単には手に入らなかったのですが、最近、指定医薬品から外れたので、サプリメントとして広く出回るようになりました。

 

シトルリンで注目されているのは、血液と血管に対する作用で、一酸化窒素を多く放出する作用があります。
血液の中には、一酸化窒素が含まれていますが、主な仕事は血管を広げ、血液をサラサラにして血液が固まるのを予防することです。

 

シトルリンは遊離アミノ酸ですが、仲の良い同じアミノ酸として、オルチニンとアルギニンがあります。
体内でタンパク質を分解すると多くの老廃物ができます。
その中でもアンモニアは有害な物質で、速やかに肝臓へと運ばれて解毒されます。
オルチニン回路と言う、アンモニアを無害な尿素に分解する作用があるのですが、この回路にアルギニンとシトルリンが関与しています。

 

この3つのアミノ酸がクルクルと変化をして肝臓を守り、速やかに老廃物を出すという働きをします。
肝臓と言えば、有害物質や添加物などの分解も行っていて、常に忙しい臓器です。

 

肝臓を保護し、丈夫にするのがオルチニンで、アルギニンはホルモンの分泌を正常にするという仕事があります。
そしてシトルリンは、血流を多くし、腎臓の働きを良好にするとともに、脳への血行を良くします。
この3つのアミノ酸がバランスよく存在すると、相互に作用してもっとも効果が現れます。

 

血液を綺麗にし、血管を丈夫にする。さらに血管を柔軟にして拡張させる働きがある。
まさしくペニス増大には最適なアミノ酸ですね。

 

これに男性ホルモンを含むサプリメントを摂取すればペニスへの血流が増大し、自然と血管の新生も促されます。
こういった理屈でシトルリンはペニス増大に効果が期待されるわけです。


ペニス増大サプリ

ペニス増大サプリ

世間一般に流布してるペニスの増大サプリは、その殆どが効果がありません。
なぜなら、ペニスのみに作用する薬効成分というのが無いからです。
少しまともなものですと、血管の新生に作用する栄養分や、男性ホルモンの元になる物質を含んだサプリがあります。
こちらは飲む時期と用量を守れば、それなりに効果があるようです。

 

ネットの書き込みで調べると、シトルリンというサプリメントが聞くという話も多くあります。
シトルリンとは、アミノ酸の一種で、スイカから発見されたので有名ですね。
哺乳類は体内にこれをもっていて、血管の新生や拡張に影響を及ぼします。

 

血管を新しくする力があるので、肌の老化防止や脳の活性化など、全身に作用します。
もちろんペニスの血管にも作用するのですが、ペニス増大を望むなら、これとあわせて成長ホルモンや、男性ホルモンを組み合わせると効果が出るみたいですね。
男性ホルモンはペニスの増大を促しますが、成長の終わっている40代以降では分泌が衰えます。
そこで男性ホルモンの摂取を行いながら、シトルリンで血管の新生を促すことでペニスの成長を期待するわけです。

 

シトルリンだけでペニスが大きくなったという書き込みもありますが、20代ならば男性ホルモンの分泌も盛んなので、その相互作用で大きくなった可能性が高いです。

 

シトルリンだけではペニスを大きくする作用はありませんから、マッサージや男性ホルモンなどと組み合わせて、効果を出すようにするのが、もっとも良い方法のようです。